Kafuu photo and diary.

自然と共に生きている男の写真だったり日記だったり。

「場所に呼ばれる」っていう話。

f:id:kafuu3:20151220224244j:plain

安心して下さい。料理をする際の分量は野生の勘で計ってます。カフーです。
大さじとか雰囲気ですよ雰囲気。

 

さてさて。今回は旅カテゴリーのお話。

 

今までちょくちょく色んな所へ旅をしてきたカフー。どこに行った話を載せようか考えていたんですが、その前に書いておきたい事があったので今回はその事を。

私は「○○(場所)へ行った」という言い方をせず「○○に呼ばれた」っという言い方をする様にしています。これ別に日本語が下手な訳ではないんです(笑) ちょっとした理由があるのです。

 

こう言い始めたきっかけは初めて一人旅をした大学4年生の時、タイ・バンコクで出会った謎のバックパッカー「マコトさん」の言葉がきっかけです。

あるゲストハウスのドミトリーで出会ったマコトさん。初めての一人旅なんですという旨を伝えるといきなり。

 

カフー君がここ来たのは、この国が君を呼んだからだよ】
【ここで起きる出来事や出会いが、君の人生にとって大切な経験になるから楽しみにしてるといい】

っとの事。

 

最初「うわぁ…。この人飛んでるなぁ…。超怖ぇw」

っと思ったんですけどね(笑) 実際この旅は自分の人生においてターニングポイントとなりました。まさか本当にそうなるとは…。

 

この一人旅で何が起きたのかっていうのは、また別の機会にお話するとして。

 

旅の最終日に謎のバックパッカー、マコトさんとお酒を飲みながら「場所が君を呼ぶ」って言葉の意味を改めて聞いてみると。

 

【君とってターニングポイントとなる様な出来事が起きたのは必然なんだよ。】
【この国がそういう経験をしてほしいから君を呼ぶんだ。全てはこの国がもたらしてくれた必然なんだよ】

っとの事でした。

 

「うわぁ…。やっぱりこの人飛んでるなぁ…。」

っと思ったんですけど、まさにその通りになってるのであまりバカにもできません(笑)

 

っとそんな訳で。

 

この経験をしてから自分は「場所に呼ばれた」という言い方をしています。これから先、国内外問わず色々な場所を旅をしていくと思います。その時にも「何でこの場所に呼ばれたのか」って事を常に考えたり感じて、旅をしていきたいと思っています。

 

これはあくまでも自分の教訓的な話なんですけど、もし皆さんもどこかへ旅をする際はそんな言葉をちょっと思い出していただけたら幸いです。

 

相変わらずまとめが雑なカフーでした!


写真は2年前に行ったネパールの写真。コンデジで撮りました。

この時一眼レフ持ってたらなぁぁぁあああぁぁぁぁぁぁ……。

っていうのはカフー史上最大の後悔です。