読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kafuu photo and diary.

自然と共に生きている男の写真だったり日記だったり。

写真が上手く撮れないっていう話。

ここの所、仕事以外で良い写真が撮れなくなった。
そもそも写真に良し悪しなんて無いんだけども。
自分が納得いく写真が撮れなくなってる。

多分理由はわかってて。
色んな事に対する自分の気持ちがクリアじゃなくモヤモヤしていて。
そんな気持ちで撮るから、写真も釈然としない。

仕事の時は目的がしっかりしているし集中力も違う。
プロカメラマンではないけど、今の仕事では写真が重要で。
それを期待してくれている人が多くいるから良い写真が撮れるんだと思う。

 

カメラをやってて思ったのは「写真にはその時の感情がダイレクトに表れる」という事。

 f:id:kafuu3:20151218210433j:plain

希望に満ち溢れている時

 

f:id:kafuu3:20160201215415j:plain

新しい環境に不安でいっぱいだった時

 

f:id:kafuu3:20160201215903j:plain

 絶望のそこから這い上がろうと決めた時

 

f:id:kafuu3:20160108214141j:plain

心が穏やかだった時

 

f:id:kafuu3:20160201220003j:plain

無心だった時

こんな感じで何となく気持ちが写真に反映されている。

 

今撮る写真は明るくなるはずの被写体なのにどこか悲しげで。
色んな気持ちがごちゃ混ぜになっている混沌とした感じがする。
「何だこのチャンプルー写真は?」という感じ。

いっその事、気持ちが+か-のどっちかに振り切ってくれれば、その根源にあるものもわかるのだけど。
今は+と-がごちゃごちゃだから、解決の糸口がさえ見つからない。

少しずつでも前に進みながら、自分の気持ちを解きほぐして。
またいつも通りの写真が撮れるといいね。

まぁすぐいつも通りに戻ると思うけど。