読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kafuu photo and diary.

自然と共に生きている男の写真だったり日記だったり。

ただなんとなくっていう話。

f:id:kafuu3:20160613201620j:plain

ただなんとなくブログ更新。せっかく立ち上げたブログなんですけど、なかなか書くことがなくて困ってます。って事で適当にダラダラと何となく更新していきたいと思います。そういえば梅雨になりましたね~。こうジメジメしてると……。

 

って、こういうしょうもない前置きなのに、この記事を読んでくれるなんて、多分あなたはカフーファンですよ。そしてそれは病気です。すぐに病院へ直行してください。そして人生損してますよ。うん。もっと時間を有意義に使ってください←

っと言いつつも、こういう前置に限って重要な事を書くタイプの人間です、私(笑)

実は今日の記事はずっと書きたくてうずうずしていた内容ですし、正式に話がまとまって、やっとこさ報告できる状況になり、ホッとしております。

 

っという事で突然ではありますが、カフーファン(←黙れ)の皆様にご報告。

カフー転職する事にしました。

せっかくなので自分のメモとして、ちょっと語らせてくださいな。

 

【転職の理由は「更に高い目標を目指す為」】

私の悪い癖で、基本的に目標を低く設定してしまう傾向があります。だからこの業界に飛び込んだ時も「林業でそれなりに収入があれば」という程度の感覚で…。実際に今の収入も人並程度なのでまぁいいかなとは思っていました(ちょっと少ないけど)。

しかし将来の事を考えた時に、本当にこの収入でいいのかという事を考える様になりました。これから家庭を持って、家族ができて…。そんな事を考えて行くと、こんな収入で妥協してはダメだなと。

なので改めて目標を「家族を楽に生活させてあげられるくらい林業で稼ぐ」に修正し、水面下でソロソロ・ヒソヒソと動いてきました。

 

【意外に必要とされてビックリ】

っという事でソロソロ・ヒソヒソと転職活動を始めた訳なんですが、私ってサラリーマン時代と現職があるので要は「バツ2(転職2回)」な訳なんですよね(笑)

ちなみに前職は元人事部だったんですが、自分の履歴書を客観的に見て「20代後半でどんだけ転職してんだよwww俺だったら絶対採用しねぇ(笑)」とか思ってました。

でもまぁ何事もやってみないとわかんないよね~。って事で転職活動を始めてみたら思いのほか上手くいってしまった訳で。20代後半という年齢と過去の経歴が高く評価されて、企業からご指名いただけました。感謝です。

どうやら今まで一生懸命やってきた事に救われた様で…。「過去の頑張りが今の自分を助けてくれる」ってよく言いますけど、まさにこれでした。過去の俺。頑張ってくれてマジでありがとうm(__)m

それに他業界ならNGだったかもしれませんが、この業界だったからうまくいったのかもしれませんね。

 

ちなみに。

面接官「うん!書類の作り方が気に入った!採用!」

カフー「マヂ、ウケる~(棒読)」

って選ばれたのはいいネタです。ちょいちょい飲み会とかで使って行こうと思います。本当にありがとうございました。(※こちらはお断りさせていただきました)

 

【って事で結局は林業にいる】

何となく皆さん内容から察していただけたかと思いますが、結局また林業界に転職します。とはいうものの一言で林業と言っても幅が広いですからね。木を伐るだけでなく、原木(丸太)の売買、製材(丸太を柱にする事)も含めて林業ですから、業界内を移動するのもまた大変なんです。

でも多分「自然に関わる仕事」っていうのは自分にとって天職なんだろうなと思います。だからこの先、何が起こるかわかりませんし将来なんて誰にも予測できませんが、これからも自然と寄り添った生き方をしてくんだろうなと思います。

 

【工場長、多謝】

そして何よりこの人。今の職場の工場長には感謝してもしきれません。この保守的で閉鎖的な林業事業体の中で、一中途社員が新規事業や民間の様な立ち回りを行うというのは並大抵の事ではありません。そんな中「やってみろ。上には俺が上手く言っとくから」と私が動きやすい環境を作ってくれたこの人がいたからこそ、多くの成果を出すことができました。本当に良き上司に会えたと思います。

普段は口の悪いセクハラクソジジイの工場長、土壇場でいつも助けてくれて本当にありがとうございました。あなたは自分にとって最良の上司でした。多謝多謝。

退職の意向を伝えた時「お前はここで埋もれるより、もっと別のステージが似合うからな」という一言は嬉しくもあり、悲しくもありました。絶対泣かない。男の子だもん。

 

っと長々書いてしまいましたが。とりあえず今現在、数社からお話をいただいていますので、いい加減どこに行こうか決めようと思います。人生を左右する重大なお話ですから慎重にかつ大胆に。もしかしたら海外もある……かも??

 

こんな感じで…。このブログはその時の気持ちを思い出せるように書く事もしばしば。もしよかったら時々は見に来てください。Twitterではバカ言ってますが、意外に色々考えながら生きてます。親しくなったり、自分に興味を持ってくれているフォロワーさんに、私のそんな一面も知っていただけたらと思っていたり思ってなかったり。

 

さてここまで書いてきたんですが、一体どれくらいの人が読んでくれてるんですかね。もし読んでくれてる人がいるのなら、いいねだったり、「涙拭けよ」ってリプしてくれると嬉しいです。今後はひっそりいつもチェックしてくれている人を、もっと大切にしていこうと思ったりしています。敬具。